愛について

自己の変容。愛と喜び。

◆質問より 「彼と再会できるのかどうか」

彼と再会できるのかどうかについてご質問をいただきました。

========
 
相手に対する想いが薄くなると、再会するという願いの達成も叶わないのではないかと…少しだけ思いました。 大丈夫でしょうか?

========
  

思いが薄くなる、というのは、おそらく、過去のように彼に執着しなくなった、彼を手放せた状態になったので、彼に対して想いが前ほど大きくない(薄くなっている)ということかと思いますが、この時に、考えると良いことを書きます。




まず、ご自分と向き合ったり、身近にいる人の愛に気づいたり、ご自分が成長して彼に対しての見方が変わりますと、彼に対する愛の感じ方、彼に対する想いも変わることが多いです。これは、普通に起きてきます。




想いが薄くなった、かつてほど情熱的な愛を感じなくなったと思ったら、考えていただきたいんです。本当の本当に、彼に再会したくてたまらないほど会いたいものでしょうか?また、なぜ、彼に会いたいと思われますか?




なぜ、このように書くかと言いますと、「運命の相手はいつか再会する」と強く思われることによって、実は、彼に対して想いが小さくなっていたり薄くなっていたりするのに、逆に「再会しなければ」「会いたいと強く思わなければ」というような想いが起きている方も少なくないからです。




本当は、深く愛してやまないからこそ相手が運命の相手だと思ったのに、今は、逆に、相手が運命の相手と思うことで、相手に対する気持ちが小さくなったり薄くなったりしているのに、「強く愛さなければ」「会いたいと願わなければ」と思ってしまう、ということです。




想いが薄くなっている、ということであれば、それほど再会しなくても本当は大丈夫と思われているのではないでしょうか?なぜ、想いが薄くなっているのに再会したいと思われるのでしょう? そこにまずは向き合ってみてください。





「再会するという願いの達成も叶わないのではないか」

 


これにつきましては、再会、というのは、自分の想いが強ければ再会できて自分の想いが薄ければ再会できない、ということではありませんよね。人と人とが再会するとき、それは、「自分が相手と会いたいと思ったとき」「相手も自分と会いたいと思ったとき」そのタイミングが一致した時に、再会、ということが起きてきます。




自分の気持ちが強ければ再会できる、のではなくて、相手に会えるかどうかは、宇宙の采配、なんです。私たちがコントロールできることではないんですね。私たちは、相手の気持ちを変えたり、相手の気持ちをコントロールはできないからです。(例えば、芸能人の方にどんなに会いたいと思っても会えない場合がありますし、あまり会いたいと思わない方でも、しょっちゅう会う方もいますよね)

 


 
ご自分の成長や学びとは、「相手との再会があってから最高に幸せになれる」のではなくって、「彼に会っていてもいなくても、最高に幸せに生きていられる状態になる」ことが目指すところです。

 



これは、会いたいと願うことがいけない、ダメだ、ということではありません。成長が進みますと、彼に会えていても会えていなくても、変わらず私はいつも幸せでいられる、という状態になる、ということです。

 

 

ご質問に戻りますが、相手との再会は自分ではコントロールできません。ご質問を読む限りですと、想いが薄いのに会いたいと思われる、ということですから、彼と会ってどうしたいのか、なぜ想いが薄いのに会いたいのか、会ってどうしたいのか、そこをじっくりと考えられるとよろしいかと思います。(通常、想いが薄いとあまり会いたいと思わず、想いが強い時に会いたいと思うものだからです)

 

 

 

どうしても彼と会いたい、という場合は、それは宇宙の采配ですから、宇宙にすべてお任せする、委ねる、というお気持ちが大切です。ご質問ありがとうございました。