女神ライフの歓び 

自由奔放に。愛と歓びに満ちた人生を。

月経前のPMS症状について

 

ご質問をいただきました。

 

===========

 

質問なのですが、
実は今、月経前のPMS症状で、
えもいわれぬ寂しさに襲われています。
女性は体の変化と共に
心も変化があると思うのですが、
この様な時はどうしたら良いのでしょう?
 
 
不安を分解すれば良いのか、
放っておき、早く寝たら良いのか…(^^;
私にはよく起こる症状なのですが、
もしかすると、他の女神達も
お困りの方がいらっしゃるのでは…。
良かったらblogなどでお答え頂ければ
嬉しいです。
 
===========
 
月経前後の体の不調を感じている場合、できることが2つあります。
 
 
 
まずは、体の不調、心の不調を癒すためにご自分できることを、徹底的にやってみる、ということです。
 
 
 
体のためにできること。
 
 
 
 
体のためにできることをしますとね、心と体は繋がっておりますから、不安があっても、心が心地よくなると、その不安も解消していくということがあるからです。
 
 
 
無理をしない。我慢をしない。嫌なことを辞める。体を締め付ける服を着ない。居心地のよい空間で過ごす。急がない。焦らない。ゆったりとした気持ちでのんびりできる時間を持つ。
 
 
 
体を温める。優しくマッサージをする。エステやマッサージを贅沢だと思わずに自分への投資だと思って自分へプレゼントしてあげる。
 
 
 
アロマの匂いを嗅ぐ。花を飾って視覚的に豊かに暮らす。美味しい食べ物を堪能する。美容室で頭のマッサージをしてもらう。肌触りの良いクッションやぬいぐるみに触れる。自然の中で過ごす。
 
 
 
 
探してみると、日常生活でできること、色々とありますね。
 
 
 
そして、心のためにできること。
 
 
 
不安や寂しさやネガティブな感情が湧いてきたら、その不安と対話してあげること。
 
 
 
「何が不安なの?」
「どうすれば不安はなくなるの?」
「今、どうしたら幸せになれる?」
「何が寂しい?」
「どうしたら寂しくないの?」
 
 
 
 
と、ご自分に聞いて、不安や寂しさの湧いてくる理由を見つけてあげることです。今すぐそのネガティブな感情が解消されるような現実にならないとしても、その嫌な感情の理由が分かるだけで、心は安心します。
 
 
 
 
 
 
こんな風に、月経前後の不調の時には、ご自分の身体と心をたっぷりと甘やかしてあげてください。
 
 
 
 
そしてもう一つです。
 
 
 
月経前後の不調は、それがどんなに繰り返されているものだとしても、今後、改善していけるものだと私は思っております。
 
 
 
子宮や卵巣など、女性器に関わる不調は、身体的な不調ということだけではなく、ご自分の女性性に対する思い込みや我慢などが反映していることがあります。
 
 
 
例えば、女性としての自分に自信がない、自分の女性性を嫌っている、女性性を出すことに遠慮している、自分を好きになれない、などです。
 
 
 
また、女性性ということでいえば、ご自分のお母さんに対する想いが反映されることもあります。お母さんが嫌い、受け入れたくない、会いたくない、過去に悲しい思い出があって今もそれによって苦しめられている、などです。
 
 
 
女性にとって、お母さん=女性の象徴、と思うところがありますので、お母さんに対してなにかしら嫌な感情を持っていると、それが、自分の女性性にも無意識に影響してしまうのです。
 
 
 
ですので、女性器に関する不調は、ご自分の女性性を見つめ直したり、お母さんとの関係性を見つめ直すよいチャンスだと言えます。
 
 
 
 
どうぞ、不調をきっかけとして捉えていただきまして、ご自分をより深く理解し、より癒してあげる機会にしてみてくださいね。
 
 
 
 
女性のこころとからだ、男性のこころとからだにつきましては、今後もこちらのブログで綴ってまいりたいと思っております。
 
 
 
ご質問ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 hanabiのブログ「ツインレイの愛を生きる」

www.twinrayhanabi.com

 

 

 hanabiのセッション

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

 

人気記事です

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

 
 
 
 

男女の性のブロックについて

 

性のブロックについて記事を書いて欲しい、というご希望を何度かいただきましたので、今後は、こちらのブログで、性のこと、性のブロックのこと、女性性と男性性の事、肉体的な関係性のことを書いていきたいと思っております。

 

 

性のブロック、というのは、性的なこと、肉体的なこと、性に関する心理的なことに対して、自分でそれを妨げたり、遮断したり、偽ったりすることです。

 

 

では、性のブロックがない状態というのは、どのような状態を指すのでしょう。

 

 

 

それは、シンプルに言えば、

 

 

 

性に対して、ありのままでいられる

 

 

 

ということです。

 

 

 

例えば、皆さんは、どこかに行きたいな!何かを食べたいな!あの映画がみたいな!という感情を持ちますね。

 

 

その時に、「その欲求を感じてはいけない」と感じることはありませんよね。

 

 

ですが、性に対しては、いかがでしょう。

 

 

 

例えば、「抱きしめ合いたいな」「キスしたいな」「あの人と肉体的に結びつきたいな」というような想いに対してはどうでしょう。

 

 

 

そんなこと考えるなんてはしたない

女はそんなこと思うべきではない

みっともない

恥ずかしい

女としてだらしない

 

 

 

もし、こんな風な思いが湧いてきたら、それが、あなたの「性のブロック」です。

 

 

 

自分で、性に対することについて、罪悪感を持ってしまったり、ダメなものとして感情を抑圧したり我慢したりすることです。

 

 

 

性のブロックについて、それを解放するためには、まずは、「自分がどんな性のブロックを持っているのか」ということを自分で理解することが大切です。

 

 

 

まずは、ノートやスマホのメモ機能等を利用して、ご自分の性のブロックについて、あるだけ書き出してみてください。

 

 

 

 

理解しないままですと、開放もできませんよね。ですから、まずは、ご自分の性のブロックに気づくこと。それをやってみてくださいね。

 

 

 

性のブロックは、持つこと自体が悪いことではなく、自分のブロックに気づけば、これから変えていける、開放できる、ということです。

 

 

 

性のブロックに関して、聞いてみたいことやご質問があれば、ぜひコメント欄に書き込んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hanabiのブログ「ツインレイの愛を生きる」

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

hanabiのセッション

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

 

人気記事です

www.twinrayhanabi.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙との対話

 

私が宇宙と対話できるのは、大自然の中にいる時が多いです。

 

 

コンクリートの建物がなく、テレビや音楽などのBGMもなく、PCやスマホを持たず、ただ、大自然の中で静かに時間を過ごすこと。

 

 

そうしていると、求めていなくても、インスピレーションが降ってきます。

 

 

宇宙からのメッセージを、なんの根拠も理由もなくそれを行動に移すと、願っていたことが叶ったり、思い通りになったりということがたくさん起きました。

 

 

ですが、今は、すべては宇宙の采配だということが深く私の心身に浸透しているので、願うことや、思い通りにしようと感じることも、ほぼ消滅しています。

 

 

 

宇宙の采配通りに生きていれば、自ずと導かれ、自然と行きたい方向に流れていっていることが起きているからです。

 

 

すべては宇宙の采配。

だから、ただ身をゆだねて、宇宙の大河に乗っているだけでいい。

 

 

 

 

そうしながら、日常生活に起きる一つ一つのことを、丁寧に味わっていきたいです。

 

 

 

ここで、私の好きな過ごし方をご紹介します。

 

 

私は、ロウソクの炎や火を見ている時間が好きです。ですから、夜、暗くなってから、カーテンを閉めて香り付きやアロマのキャンドルに火を灯してぼーっとそれを眺めています。

 

 

 

皆さんも、一日の中で、炎を見つめる時間をつくってみませんか!

優雅な時間

 

こちらのブログも、今日の1111に、改めてスタートさせたいと思っております。

 

 

こちらのブログには、「女神として歓びの中で生きる」ことをテーマに、具体的に生活の中でできること、日常生活で取り入れられる考え方などをご紹介していきたいと思っています。

 

 

また、私の日常生活の中で行っていることや感じたことなども、ざっくばらんに綴っていきたいと思います。

 

 

私は、今日、口紅を塗るときに、1時間ぐらいかけて丁寧に塗りました。

 

 

 

皆さんは、口紅を塗るときに、筆(リップブラシ)を使用されますか?私は、いつもは使っていません。

 

 

 

今日は、あえて時間をとって、丁寧に筆を使って塗ってみました。

 

 

普段はゆっくり意識して唇を見つめることもありません。鏡を持ってじっと唇を見つめてみますと、皮が薄いんだな、こんな色をしているのだな、こんな形をしているのだな、ガサガサしてところもあるな、など、いろんな発見がありました。

 

 

 

そんな唇に、筆を当てて、静かに紅を丁寧に丁寧に塗りました。

 

 

 

唇のかたちにそうように、とても優しく、穏やかな気持ちで、筆をあてることができました。

 

 

 

1時間も、ゆっくりと唇にだけ意識を集中させて過ごした時間。なんだか、とっても優雅な時間でした。

 

 

 

一日の中で、ほんの少しでも自分に優しい時間を持てること。とっても豊かな気持ちになれます。

 

 

 

ブログタイトル変えました2

 

タイトルを変えたばかりでしたが、もっと分かりやすいタイトルにしたい、と思いまして、また変えてしまいました(何度も失礼いたしました・・・)

 

 

 

こちらは、女性の皆さんの、日々の生活が歓びに満ち溢れますように・・・・そんな願いを込めまして、このタイトルにいたしました。

 

 

 

こちらでは、具体的な日々の暮らし、恋愛について、男性と女性について、書いていきたいと思っております。

ブログタイトル変えました

 

こんにちは。随分お久しぶりの更新となってしまいました。

 

 

ブログタイトルを変えました。

 

 

私の好きな英語のフレーズ「Just like a flower」を、そのまま日本語にしました。

 

 

 

こちらのブログでは、恋や愛や恋愛について、また、女性として、喜びに満ち溢れて生活するために、具体的な暮らしや生活のヒントを書いてみたいな、と思います。

 

 

 

愛についても書きますが、こちらのブログでは、ざっくばらんに、自分のことや、日常の暮らしに密着したことを楽しく書いていきたいなと思っています。

 

 

 

こちらのブログでも、どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

◆質問より 「寄り添えない相手に対してできることはありますか」

ご質問におこたえいたします。

 

========

 

主人と離婚を考えています。

 

理由は 主人の裏の性格を知ってしまったから どんなに優しいことを言われても 安らげません。 どうしても寄り添うことができないんです。

 

それでもやれることはありますか?

 

========

 

まず、寄り添えない相手に対して、寄り添おうとすることは難しいと思いますから、無理に寄り添うことはしなくても大丈夫です。

 

 

それでもやれること、について説明致しますね。

 

 

主人の裏の性格を知った、とのことですよね。

 

 

つまり、これは、ご主人に限らず、人間とは、表の顔があって、そして裏の顔を持ちうる存在である、ということを教えてくれている、ということでもあります。

 

 

私たち人間は、いつもいつも自分を100%さらけ出して生きているわけではありませんよね。それは、たとえ結婚相手でも、どんなに仲の良いパートーナーでも、相手に言えないこと、言わないこと、秘密、もしくは、伝えきれていないこと、という、なにかしら相手に見せていない部分があると思うんです。

 

 

その時に、もし、相手の裏の性格を見てしまったのならば、その裏の性格を、私は、好きだ・きらいだ、寄り添える・寄り添えない、というように判断するだけではなくて、「なぜ、その相手は、その裏の性格を持つようになったのか」ということを考えることが、あなたのできることです。

 

 

それが、たとえあなたにとって安らげないことだとしても、もしかしたらあなたが嫌悪するようなことだとしても、なぜ、その男性が、その嫌悪するような裏の性格を持ってしまったのか。

 

 

 

人というのは、基本的に、相手に嫌悪されたいとか、相手に安らいでもらいたくない、と思ってしている行動、というのはありません。結果的に、相手に嫌われたり、相手に安らげないと思われたりするかもしれませんが、当の本人は、それを目的としてそうしているわけではないんですね。

 

 

 

なぜならば、人は、誰もが、本当は、愛されたいと願って生きているものだからです。

 

 

 

 

ご主人は、結果的に、あなたにとって安らげない裏の性格を持ってしまっているのですが、決して、あなたを安らげなくしようとは思っていないと思います。

 

 

では、なぜ、その裏の性格を持ってしまったのでしょう。

 

 

 

これは例ですが、女性のいるクラブのことをあげてみます。(女性のいるクラブ自体の価値を判断するわけではありません)

 

 

 

一般的に、妻という立場にいるとき、夫が女性のいるクラブに行くことを好ましく思わない女性が多いように思います。

 

 

 

「夫が自分に言わずに隠れてクラブに行く」という行動そのものだけに着目したら、妻の側から見れば、「夫は私を裏切った」「女遊びをしてだらしない」「男として情けない」と思われるのが普通のことかもしれません。

 

 

 

その時に、「なぜ、そうしたのか」ということを考えてみるんです。

 

 

 

そうしますとね、例えばですが、もしかしたら会社の上司にものすごい文句を言われてむしゃくしゃしていたかもしれない、仕事のお客に罵倒されて、どうしようもない寂しさに襲われて、風俗に行くような気持ちになったのかもしれない、もしかしたら、昔の同級生に年収などを自慢されて非常に腹がたっての行動かもしれない。

 

 

 

「クラブに行く」という行動だけを見ますと、非常に腹ただしいかもしれませんが、その裏にある思いまで考えてみますと、全く同じ行動でも、違ってご主人の姿が見えてきませんでしょうか。

 

 

 

ですから、今のあなたにできることは、ご主人に寄り添うことはしなくていいので、なぜ、ご主人が裏の性格を持つようになったか、という理由を考えてみることです。

 

 

 

それが、ご主人のことだけではなく、男性、という存在を理解することにもつながります。ご主人が、裏の性格と表の性格を持たれている、ということは、それは、別の男性もそのようにしうる存在だ、ということを教えてくれているんです。そして、それは女性も同じですよね。女性だって、表の性格、裏の性格を持ちうる存在です。きっと、質問してくださった方も、それほど大きくはなくても、表の性格、裏の性格があるのではないでしょうか。

 

 

 

ぜひ、ご主人が裏の性格を持つようになった原因、理由を考えてみてくださいね。それが今のあなたにできることです。ご質問ありがとうございました。